転職というものは、ある種の競争です。
誰かが入社すれば、誰かが選考に落ちているわけです。
たまたま先着順のようにして入社した人も、応募数が少ないというだけで、
次の人がすごい能力を持っている人だったとしたら選考に落ちている可能性もあります。

 

こういうことから、転職には運が必要という話がよくされます。
確かに一理はありますが、基本的に転職は運命と努力によって成功することができるものです。
何も準備をしないままに、「ありのままの自分」で転職活動・面接をする人がいますが、
それは少し無謀すぎます。転職活動は戦略的に行う必要があるものです。

 

というのは、多くの人が「ありのままの自分」で面接に受けに来るということを意味します。
つまりは、人は怠け者ですから、なんとかなるだろうという考えの人が多いということなのです。
そういう準備を行わない人に差をつけるにはどうするかといえば、努力をするほかありません。
しっかりと職務経歴書を書き、ポートフォリオをつくり、面接でどんな質問が来たとしても動じない論理思考を鍛えておく。
このような面接の基礎体力を作っておくことが、転職活動を成功に導く王道なのです。

 

書類選考では少し大げさにプロフィールを書くこともできますから、
面接にまでたどり着けることもあるでしょう。しかしながら、こうした日ごろの努力を怠っていた人が、
慣れない面接で100%の自分を表現することはまず不可能なのです。
だからこそ、いい会社に出会う運命を引き寄せるためには、転職に必要なこれまで書いてきたような努力や活動をして、経験を積んでおくことが大切です。

 

 

 

関連情報
おすすめの転職サイト情報
転職サイトを探している方必見!